MENU
サケサカマスター
50s.YOKOHAMA代表
ミュージシャンをめざしてフラフラした20代。
飲食業にすべてを捧げた30,40代。
そして50代でライターデビュー。今も現役ライターとして活動するかたわら、後進育成のためにYouTube、コミュニティ、ライディングスクールなどを運営中。
PR
PR

いらっしゃいませ!【Writers bar】へようこそ!
私が、当サイトのマスター、50代のWebライター・サケサカです。

Writers-bar-logo-yoko

ここは、本業がフリーランスライターである私が経営する仮想のお店【Writers bar】です。

この店は、「なぜか」ライターを志す人がたくさん集まってくるお店。そして私は、そんな初心者ライターさんのお悩みに日々答えています。


そしてこのブログでは、ライターを志す人に役立つような、さまざまな情報をお伝えしています。

こんな方々のために、初歩の初歩からライター、特にインターネットを主戦場とした「Webライター」について解説していきますね!特に、50代60代の高年齢の方はご注目ください!

実は私もWebライターデビューしたのは53歳のときでした

【このブログの内容】

などなど。随時更新していきます。

サケサカマスター(50s.YOKOHAMA)のサービス

YouTubeチャンネル

ここで、少し私自身のことについてお話させてください。

私は、フリーライターのサケサカといいます。「サケサカ」というのがライターネームですね。個人事業主として、ライティングオフィス【50s.YOKOHAMA】の代表ライターをつとめています

高校卒業後、プロのミュージシャンになりたくてフラフラしていたのですが、プロにはなれないと挫折したあと、27歳のときに飲食業の世界に入りました。

そして、居酒屋などを何店舗か経験したあと、33歳のときに独立。飲食業に入って以来の夢だった自分の店を持つことになったんです。

しかし、約10年の自営店舗経営を経てそれも挫折し、結局は閉店することになってしまいました。

そのあとは「雇われ人」として飲食業界に従事し続けていましたが、2020年4月に、当時世間をにぎわせたコロナ禍で無職になってしまったのをきっかけに、Webライターを目指すことにしたんです。

最初は、まったくといっていいほど稼げませんでした。

これは、多くの初心者Webライターさんも経験していますよね

それでも、スクールに入って勉強したり、毎日必死になってパソコンにかじりついたりした結果、おかげさまで6ヶ月後には月収30万円、11ヶ月後には57万円を稼げるライターにまで登りつめました。

その後は、Webライター業を中心におきながら、ライターさんを束ねるディレクターをまかせていただいています。

さらに最近では、YouTubeの運営ライティングコミュニティ【Writers bar】、ライティングスクールの運営なども手がけ、ライティングの関連ビジネスで最高月収130万円まで達することができました。

Webライターとしては、今でも平均30万円強の月収を得ています

ここらあたりの私の詳しい経歴に関しては、よかったらこのブログ内の自叙伝的エッセイ【50代の挑戦~ボクが53歳でWebライターになった理由】をご覧になってくれるとうれしいです!

ぜひ、私と、この【Writers bar】で一緒に学んでいきましょうね!

サケサカマスター(50s.YOKOHAMA)のサービス

YouTubeチャンネル